英語の勉強への抵抗をなくすには

今は英語ができる私も含め、誰もが元々は英語の初心者から第一歩を踏み出し、英語を身につけていくわけです。

 

しかし、この第一歩がとても重く、英語を学ぶことに対して誰もが抵抗を感じてしまうのも事実です。

 

こんな具合に、英語を勉強しようと思って英語教材を買ったはいいが、なかなか勉強ができないということはよくあります。

 

今回はこんな状況を解消するための私流のアプローチを紹介したいです。

 

すごく単純なことですが、買った英語教材をボロボロになるまで使い倒す、あえてボロボロにすることで英語の勉強への抵抗をなくすことができます。

 

人間には変な心理があります。

 

例えば新車で車を買ったとします。

 

その場合、新車なので大切に乗ろう、可能な限り新車に近い状態を維持していこうと誰もが思うものです。

 

しかし、これが10年落ちの中古車だった場合や、買ってから10年経ってボロボロになった車ならどうでしょうか?

 

きっと大切に乗ろう、今の状態を維持しようという気持ちにはならないはずです。

 

車内で食事をとることも多少険しい道を走ることにも抵抗がないはずです。

 

英語教材もこれととても似たところがあります。

 

本来は何も気にせず使うべきなのに、買ったばかりの英語教材は新品なため、なぜか丁寧に使ってしまうものです。

 

性格によって違いはあると思いますが、テキストに折り目が付くことや書き込むことを嫌ったりするものです。

 

こんなことでは英語教材の状態が気になってしまって学習に集中できません。

 

英語教材の中身は情報であって、どのように使っても減るものでも劣化するものでもありません。

 

つまり、使えば使うほどあなたが得る価値が大きくなるということです。

 

そして使えば使うほど英語教材の状態はボロボロになっていきます。

 

ボロボロになった英語教材を丁寧に扱おうという気にはなかなかならないものです。

 

だからこそ大胆な学習ができるようになります。

 

汚れる可能性がある場所に持っていくことも何とも思わなくなります。

 

補足説明を書き込むことも何とも思わなくなります。

 

ボロボロにしてしまえば、開いたページが開きっぱなしで自然には閉じないものです。

 

英語教材は使えば使うほど開くことや見ることが当たり前になってきます。

 

そして、学習への抵抗がどんどんなくなっていきます。

 

テキストやCDという物には価値はありません。

 

価値があるのはその中の情報です。

 

ですので、英語教材を買ったらそれをフィギュアのように丁寧に扱わないことです。

 

きれいな状態の英語教材を見て楽しんだり、その所有感を楽しむものではありません。

 

使い倒して中にある情報を楽しむためのものです。

 

このように英語教材をボロボロにしてしまうことは英語の学習への抵抗をなくしてくれます。

 

買った英語教材はボロボロになるまで使い倒しましょう。

 

これが英語教材から最大の価値を引き出すことにもなります。

 

次の講義はコチラ:英語の勉強は週1回1時間?毎日10分?

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング