英語への自己投資は思い切って

最近は自分磨きや自己啓発がブームになってきています。

 

私は英会話やパコソンのスキル、読書などの自己啓発に投資をし始めてからもう数年が経ちます。

 

自分が若いころというのは、給料が入ればそれでご飯を食べに行ったり、服を買ったりということをしていたので、勉強のためにお金を遣うということがどうも受け入れられませんでした。

 

しかし、一度自己投資をし始めて、数年後、そのリターンとして私が手にした英語力というのは、投資した額の何倍もの価値や自信になっていると感じています。

 

私の友達は「英語が話せるようになるなら300万円払ってもいい」とまで言っています。

 

300万円という金額だけ見れば高額ですが、英語が話せる人生を生きることはそれ以上の価値があるでしょう。

 

私自身、英語教材を買いあさり相当なお金を英語の学習に投資してきましたが本当に良かったと思っています。

 

もし、私が無料で何とかしようと考えていたのなら、今の自分は絶対にありませんでした。

 

無料で学ぼうと考えると、まず本気度が高まりません。

 

そのため続けるのが難しく、すぐに諦めてしまうことになります。

 

また、無料で学ぼうと考えるのは非効率です。

 

何事も無料でやろうとすると、その難易度は格段に上がってしまいます。

 

お金をかけることによって、学習の難易度が下がり、効率的にもなるものです。

 

ですので、これから英会話の勉強をと考えているのであれば、積極的に教材などに自己投資をしてみると道が切り開けると思います。

 

しかし、ただお金をかければ良いというものではありません。

 

お金は貴重です。

 

だからこそ、賢い自己投資を意識しないといけません。

 

自己投資にお金を遣わない、遣わないのに上達や成長を期待するのは間違いだと言えます。

 

しかし、その自己投資の方法が正しくなればリターンは得られないものです。

 

私が自己投資で失敗しないために意識していることは以下の2つです。

 

はじめから大金を投入しない

 

英会話教室などで半年契約とかのものや、10万円以上する英会話教材はこの典型とも言えそうです。

 

合うか合わないか、効果があるかどうかが分からないもので高いものは避けた方が安全です。

 

失敗したときのダメージが大きくなり、次の自己投資へと金銭的にも気持ち的にも進めなくなってしまいます。

 

少額な自己投資から入り、その結果と効果を噛みしめながら投資額を大きくしてさらに加速させる、これが失敗しない確実な方法です。

 

 

自分の目的とレベルに合ったものに投資をする

 

自分の目的やレベルと違うものから効果を生むのはとても難しいです。

 

よくあることとして、自分の成長を見込んでの投資をする人がいます。

 

例えるなら、成長することを見込んで子どもに1つサイズの大きな服を買うようなものです。

 

しかし、英語の場合は体と違い、自然に成長をするものではありません。

 

ですので、今の自分のレベルに合った最適なものに投資をする必要があります。

 

 

学びへの自己投資は確実にリターンを生んでくれる最高の投資先です。

 

上に挙げた2点を意識するだけで賢い自己投資ができるようになります。

 

そして、もう1つだけ大切なことを申し上げるとなると、「決断のスピード」です。

 

同じ自己投資をするにしても、Aさんは決断までに1ヶ月かかってしまった。

 

しかし、Bさんは決断までに1時間しかかからなかったとします。

 

この場合、AさんはBさんよりもスタートが1ヶ月も遅れてしまうわけです。

 

この1ヶ月はお金に換算すると相当なものになります。

 

そのため、自己投資をするときは「思い切りの良さ」も求められることになります。

 

決断に時間をかけるくらいなら、その時間を使って勉強を進めた方がゴールへは早く到達できるというわけです。

 

今は英語を勉強したいと思っていても、決断までに時間をかけているうちにその熱も冷めていく、こんなこともあります。

 

ですので、決断は早いことに越したことはありません。

 

自己投資をするときの2つのポイントと決断の早さの重要性、これらはぜひ参考にしてみてください。

 

次の講義はコチラ:英語の資格を取ることは価値があるのか

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング