バックミュージックの付いた英会話教材

英会話教材の中には、少数派ではありますが、CDの音声にバックミュージックが付いているものがあります。

 

どのようなバックミュージックが付いているのかは教材によって多少異なりますが、だいたいはクラシック調のゆったりとした音楽です。

 

「なぜ英語にバックミュージック?」と疑問に感じる人もいると思うので、ここではバックミュージックの付いた英会話教材のCDについてメリットとデメリットをまとめていきます。

 

まずはメリットからです。

 

勉強という堅苦しさが緩和される

 

CDをつけていきなり英語が流れ始めるとなると、「おー、英語の勉強が始まったな」と身構えてしまう人もいるかもしれません。

 

このように感じる人にとっては、英会話のCDにバックミュージックがあることで、「勉強」という堅苦しさが緩和されるはずです。

 

バックミュージックは英語の学習にエンターテイメント性を出してくれる役割があります。

 

 

リラックスした気持ちで英語を聞くことができる

 

バックミュージックがあることで、リラックスした気持ちで英語を聞くことができるようになります。

 

リラックスすることが集中力を高めることにつながるというわけではないので、この点については注意する必要がありますが、長時間のリスニングもバックミュージックがあることでこなしやすくなります。

 

 

ここまでがバックミュージックによるメリットです。

 

続いてデメリットです。

 

バックミュージックで大切な音が消えてしまう

 

私たちが話す日本語には日本語の息遣いがあります。

 

そして英語にも英語の息遣いがあります。

 

バックミュージックの付いていない英会話教材のCDであれば、このような英語の息遣いを聞くことができます。

 

しかし、バックミュージックが付いた英会話教材ですと、このような息遣いはバックミュージックにかき消されてしまうので聞くことが難しいです。

 

息遣いについては聞いておくと、どこで息つぎをして英語を話しているのかが分かるので、聞いておいた方が良いと言って間違いありません。

 

 

バックミュージックと英語を同時に聞くことはない

 

普段の生活の中で、バックミュージックと英語を一緒に聞くことはほとんどありません。

 

つまり、バックミュージックと英語を一緒に聞くということは実用的ではない練習だと言えます。

 

そのため、実際の場面での英語を聞き取る力にフィードバックされにくくなります。

 

 

英語よりもバックミュージックが耳に残る

 

バックミュージックと英語を一緒に聞いていると、英語よりもどうしてもバックミュージックが耳に残りやすくなります。

 

特に理解できない英語を聞いているときほど、この傾向は強くなります。

 

そのため、英語よりもバックミュージックを覚えてしまうことがある可能性は否定きません。

 

また、バックミュージックによって英語に集中できないと感じることも私はありました。

 

 

以上が、バックミュージックの付いた英会話教材のCDのメリットとデメリットです。

 

ストレスなく学習することを求めるのならバックミュージックの付いたCD、学習効果を求めるのならバックミュージックのないCD、これが私の考えです。

 

このように人によってどちらを重視するかは異なります。

 

ちなみに私は英語が大好きで、英語を学ぶことに一切のストレスを感じることはなく、むしろ快感でしかないので、バックミュージックなしのCDが好きです。

 

とにかく英語に集中したいです。

 

バックミュージックによってリラックス効果は得られますが、リラックスした状態と集中力が高い状態、どちらが身につくものが多いかと考えるのなら、集中力が高い状態ではないでしょうか。

 

リラックスしたいのであれば、英語を勉強した後に存分にリラックスすればいいと思います。

 

次の記事はコチラ:音楽のように英語は覚えることはできない

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング