フレーズを覚えていくのが一番有効

私こと当サイトの管理人「英太」は貿易関連の外資系企業で働いています。

 

上手い・下手はあるものの、海外との取引を主とした外資系企業ゆえに社内にいるほぼ100%の人が英語を話せるのですが、そこには2パターンの人が存在しています。

 

1つ目のパターンは、帰国子女など海外での生活経験があり、それを通して英語を習得した人です。

 

そして2つ目のパターンは、海外での生活経験は少なく、日本にいながら英語を勉強して習得した人です。

 

私はこの2つ目のパターンに含まれます。

 

また、今このサイトを見て英語教材をお探しになられている方は、私と同じく日本にいながら英語を覚えようとしている人がほとんどではないでしょうか。

 

この2つのパターンの人がどのように英語を話しているかには大きな違いがあります。

 

海外での生活を通して英語を覚えた人というのは、まるで母国語であるかのように感覚的に英語を話しています。

 

これを私なりの言葉で端的に表現するのなら、生活の中で自然と英語を身につけた「天然物」ということです。

 

それに対して私のように日本で英語を覚えた人は、頭で考えて英語を話している人が多数です。

 

こちらも私なりの言葉で端的に表現するのなら、自らの意思で英語を学び、意識して英語を話している「人工物」ということです。

 

正直なところ、感覚的に話せる人(いわゆる天然物)をうらやましいとは思います。

 

しかし、私のように海外での生活経験がない人が英語を覚えようと思うのであれば、頭で考えて話すという方法の方が早い段階で英語が話せるようになります。

 

特に大人になってから英語を覚えようとする人はこの方法が有効です。

 

そのためにどのような練習をするかというと、よく使うフレーズを何度も音読をして覚えてしまうことです。

 

これをすることで、こんな時はこう言おう、こう聞かれたらこう返そうというパターンができ上がります。

 

そして、それぞれの状況に応じて、考えてそのフレーズを話すことで英会話は完成します。

 

これは、どのフレーズを用いるかを頭で考えるだけであり、フレーズ自体は暗記しているのでポっと口から出てくる状態です。

 

その次のステップとしては、覚えたフレーズを元に少し応用を利かせて自分の頭で考えて文章を作り上げて話すことを目指します。

 

Could you tell me how to use this computer?
このコンピュータをどうやって使用するのか教えてください。

 

このようなフレーズを覚えたのであれば、そのフレーズの一部を言い換えることで、以下のような表現もできるようになります。

 

Could you tell me how to make a copy?
コピーをどうやってするのか教えてください。

 

ベースになっているフレーズは同じで「Could you tell me how to 〜?(〜をどうやってするのか教えてください。」です。

 

その一部を頭の中で作り変えることで、さまざまな表現ができるようになります。

 

このステップになると、かなり自由度の高い会話ができるようになるものです。

 

英会話を勉強している人の中にはネイティブレベルを目指し、この方法に憧れを持たない人もいると思います。

 

私も以前はそうでした。

 

しかし、まずはフレーズを覚えてしまうという方法が近道です。

 

学習の難易度が格段に低くなります。

 

習得までに必要になる時間もかなり短くなり、忙しい人にとっては最適な方法です。

 

そして、フレーズをベースに実際に話す経験を積んでいけば、だんだんと感覚的に英語が話せるようになります。

 

私は仕事でいつも英語を使っています。

 

そして、プライベートでも英語を使っています。

 

外国人の友達

 

いよいよ感覚的に英語が話せるようになってきたと少しずつ感じている今日このごろです。

 

日本での生活が大半の人は、まずは私と同じくフレーズを覚えるという方法でスピーキングを習得してください。

 

あとは時間の経過とともに少しずつ感覚的に英語が話せるようになっていきます。

 

しかし、いざフレーズを使った英会話をマスターしてしまうと、それで十分だということが分かり、感覚的に英語を話せることを目指すことに大きな意味がないことに気がつくものです。

 

次の講義では、フレーズを暗記するという方法の次のステップであるフレーズを元に応用を利かせて考えて話すという方法で大切になることを解説していきます。

 

次の講義はコチラ:日本語をそのまま英語にしようとしない

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング