リーディングが苦手な理由

ここでは、リーディングが苦手な理由について、5つの観点から説明していきます。

 

まずは多くの人がしている、リーディングに対する勘違いについて触れておきたいです。

 

リーディングとは、誰もが知ることですが、英語を読んでその意味を理解していく技術です。

 

中学や高校など学校の授業でしか英語を勉強したことがない人は、「リーディングがもっとも得意だ」「リーディングの点数が良かった」というように「リーディングが簡単だ」という意見の人が多くいます。

 

しかし、これは実際にリーディングが簡単だからこそ、このような意見になっているわけではありません。

 

私からしたら100%の勘違いです。

 

知ってのとおり、中学や高校など学校の授業では、スピーキングとリスニングの勉強がほとんどありませんでした。

 

そのため、英語といえばリーディングかライティング、この2つとなれば「書く」より「読む」リーディングの方が簡単に感じるというだけで、多くの人は「リーディングが簡単だ」という意見なのだと私は思っています。

 

ですが、実際のところ、リーディングは英語の中でもかなり難しいスキルと言って間違いありません。

 

スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングとすべてのスキルを学んできた私にとって、いつまでたっても満足できないのがリーディングのスキルです。

 

仕事で英語を使う人やTOEICなどの試験を受ける人はリーディングの力が試されることが多くあります。

 

一方的に与えられた高度で膨大な量の英文をすべて読んで、その意味を正確に理解していく、これが実践的なリーディングの現実です。

 

中学や高校の授業のように「教科書の中の英語を読みましょう」「和訳がついているので安心です」というレベルの話ではありません。

 

そのため、大人になってからリーディングのスキルが求められる多く人は、リーディングに苦労し、リーディングが苦手だと感じています。

 

下の写真は私のTOEICのスコアですが、見てのとおり、リーディングの点数が足を引っ張っています。

 

TOEICベストスコア

 

このようにリーディングは難しいスキルだという意識の元、心して勉強に取り掛からないと習得は難しいです。

 

そして、習得のための第1ステップとしてまずは原因の特定ということで、なぜリーディングができないのか、その理由をまとめました。

 

なぜできないのか、その理由を知り、それを対策していくことが上達には必要です。

 

(1)単語が分からない

 

文章の中で知らない単語が知っている単語よりも多くなってしまうと、読んでも意味をつかむことはできません。

 

リーディングには語彙力がある程度必要になります。

 

そして、語彙力に比例して高度な文章が読めるようになります。

 

 

(2)文法が分からない

 

文章の中で分からない文法があると、意味を取り違えてしまい、文章の要点をつかめなくなります。

 

また、単語への理解があっても文法への理解がないと、単語をただつないだだけの変な和訳をしてしまいます。

 

基礎的な文法を中心に、リーディングには文法知識への理解が欠かせません。

 

 

(3)読むのが遅い

 

英語を読んでそれを頭の中で日本語に変換して考えていることが主な原因です。

 

英語を英語のまま理解して読み進めていくこと、日頃から英字新聞などを読んでスピードをつける必要があります。

 

この具体的な方法については引き続きの講義で詳しく説明しています。

 

また、単純に英文を読んだ経験が少ないというのもリーディングが遅い理由です。

 

これについては経験を積むしか対策はありません。

 

 

(4)文章の裏にある事情や背景を知らない

 

経済のことを全く知らない人が経済について書かれた英文を読んでも意味をつかみづらいものです。

 

これは英語力があっても文章の裏の事情や背景を知らないことが大きな原因です。

 

読む英文の背景にある専門的な知識がリーディングには必要になります。

 

 

(5)集中力が持続しない

 

日本語で書かれた文章を読むときも同じですが、ぼんやりとした集中力がない状態で読んでいては内容を理解することができません。

 

また、文章を読んでいる時間が長くなるにつれて集中力も落ちてきます。

 

リーディングは高い集中力がなければ、内容を正確に理解することができません。

 

 

以上の5つが私の頭の中で思い浮かび、また多くの英語のプロも言及しているリーディングが苦手な理由、できない理由です。

 

そして、これら5つをバランス良く攻略していくことがリーディングの上達には必要です。

 

仮にどれだけ単語を知っていても、文法を知らなければ正確なリーディングはできません。

 

また、どれだけ文法を知っていても、読むのが遅ければ使えるリーディングスキルではありません。

 

全てをバランス良く向上させることがポイントです。

 

(1)(2)(4)(5)については、それぞれを各自で自分の目標や状況に合わせて底上げをしていく必要があります。

 

ですので、この講義では(3)のどうすれば速く英文を読んで理解できるようになるかを中心に進めていきます。

 

次の講義はコチラ:学校で習ったリーディングから離れて考える

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング