発音は日本人から習う

ネイティブスピーカーのような発音を手に入れたい!

 

だったらネイティブスピーカーから直々に発音を習おう、と考える人がいると思います。

 

しかし、私の経験上、これはおすすめできません。

 

発音は日本人で正しい英語の発音ができる人から習うべきです。

 

この理由について例を出しながら説明していきます。

 

私たちは日本語の発音を完璧にすることができます。

 

日本語ネイティブスピーカーなわけです。

 

生まれたときから日本語の環境にいたため、無意識でも正しい日本語の発音ができるのです。

 

そして、日本語ネイティブスピーカーではない外国人が日本語を学ぶときに難しいと言う音があります。

 

それは「たっぷり」というような言葉に含まれる「っ」の音です。

 

英語にも似たような「tap」という単語があるのですが、日本語の「っ」の音とはちょっと違います。

 

日本語の方が舌を強く動してハッキリ「っ」を発音するようなイメージです。

 

もし、外国人にこの「っ」の発音を教えてと言われたとき、しっかりとした説明ができるでしょうか?

 

私はできません。

 

なぜならば無意識で「っ」の音を発音しているので、どうやって発音しているかということを考えたことがないからです。

 

この事実からも分かるように、ネイティブスピーカーは無意識で発音をしているため、どうやって発音をしているのかその方法を正確に説明できません。

 

つまり、どうやって発音をすればいいのかという具体的な方法を学んできた非ネイティブスピーカーから発音を学ぶ方が分かりやすいのです。

 

そして、日本人から学ぶ場合は日本語で説明を受けることができます。

 

これがネイティブスピーカーとなれば、日本語を話せる人でなければ英語で説明を受けることになります。

 

英語で説明を受けるとなれば、あなたがそれをどう理解するか、理解できるかもネックになってしまうものです。

 

さらには、「正しい発音を身につけたい」とあなたがネイティブスピーカーにお願いをしたとしてもどれほど熱心に指導をしてくれるでしょうか。

 

私は日本語の発音ができない外国人からそう言われたとしても、完璧な発音を身につけるまで指導をすることはないと思います。

 

「ネイティブじゃないんだからこれくらいで十分でしょ」という思いもきっと出てきます。

 

「面倒だから適当に教えておこう」と考える人もいるかもしれません。

 

ここで考えるべきことは、日本人の感覚でお願いごとに対して外国人が必ず応えてくれると思ってはいけないということです。

 

日本人は律儀というか義理堅い性格なので、頼まれればしっかりと指導をすることでしょう。

 

しかし、外国人は決して日本人ほど律儀でもなく義理堅い性格をしているわけでもありません。

 

このような理由からも正しい発音をネイティブスピーカーから習うことは難しいものです。

 

また、もう1つ理由を挙げれば発音の地域性もあります。

 

ネイティブスピーカーの発音というのは、その人の生まれ育った地域の発音になり、決してすべてのネイティブスピーカーが標準的な英語の発音をしているわけではありません。

 

極端な話、アメリカとイギリスとでは発音は異なりますし、例えるのならば標準語と関西弁のようなものです。

 

これくらい発音というのは地域によって異なります。

 

あなたが標準的な発音かどうかの見分けがつけば問題ありませんが、このようなバラツキがあるのでネイティブスピーカーから発音を学ぶことはおすすめできません。

 

地域性を排除した標準的な英語の発音を身につけることをおすすめします。

 

教材を通して発音を学ぶという方法で十分ですが、もし人から学ぶのであれば日本人から学ぶようにしましょう。

 

そして、正しい発音ができるようになったかのチェックはネイティブスピーカーにしてもらうのが理想です。

 

※もちろん標準的な発音のネイティブスピーカーにお願いします。

 

次の講義では、ネイティブスピーカーに発音のチェックをしてもらうときに注意すべきことを解説していきます。

 

次の講義はコチラ:ネイティブスピーカーにチェックをしてもらう

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング