ルー大柴さんから学んだこと

みなさんはルー大柴さんを知っていますか?

 

若い世代の人にはあまり知られていないかもしれないのですが、私はルー大柴さんからちょっとした英語上達のヒントを過去に得ました。

 

ルー大柴さんには失礼なのですが、これといって心に残るネタも実績も私は思い出すことができません。

 

しかし、彼がテレビで見せる日常の会話に英語を急に放り込んでくるところを見て、「これだ」という気付きがありました。

 

「Exactly! そうなんだよ!」

 

こんな感じのことばかりテレビで言っているルー大柴さん、彼の英語力は知りませんが、これには2つのすごいことが隠れています。

 

分かることは英語で言おうとする

 

ルー大柴さんの会話は基本的に日本語です。

 

知っている英語も単語レベルか短いフレーズ程度です。

 

しかし、自分が知っている英語だけは無理にでも英語で言おうとしています。

 

もちろん芸風ではありますが、周りの人にどう思われてもお構いなしというスタンスです。

 

「exactly」や「come on」のように簡単な英語しか言ってはいないのですが、分かることは英語で言おうとする姿勢は見習うべきものだと感じました。

 

 

英語力がないうちから英語を話そうとしている

 

普通の人であれば、まだまだ人前に出せる英語力ではないと本人が感じてしまうレベルにも関わらず、分かる部分は英語で表現しようとします。

 

できるようになってから英語を話すのではなく、英語が話せるようになるためにできないうちから英語を話す、この姿勢も見習うべきものがあると思いました。

 

番組の収録直前に偶然知らない英単語に出会ってその意味を理解したのなら、その日の収録ですぐにその英単語を自分の口から発してしまうくらいの勢いがあるように感じてしまうのは私だけでしょうか。

 

覚えたものをすぐに実践で使う、これも英語の上達には大切なことです。

 

 

私がいいように解釈しすぎているだけかもしれません。

 

芸人なのでそれが芸風だと言われてしまえば私は反論できません。

 

しかし、ルー大柴方式の英語は初心者にとって非常にハードルが低く、第一歩を踏み出すのには良い方法だと感じました。

 

下手な英語であっても、一切の行動を起こさない人よりよっぽどマシだと思います。

 

まずは仲間内で英語の習得を志す人とルー大柴さんのように英語を話してみてはどうでしょうか?

 

これなら明日からでもできるはずです。

 

分かるところだけ英語、あとは日本語でOK。

 

それだけで楽しく、そして英語の勉強になると思います。

 

なかなか誰も言い出してくれないこのような提案だからこそ、ぜひあなたから言い出してみてください。

 

やはり英会話にはルー大柴さんのような積極性と社交性が必要だと感じます。

 

次の講義では、英会話における社交性の重要性について説明をしていきます。

 

次の講義はコチラ:スピーキングの上達には社交性が必要

 

英語学習コラムトップページへ戻る


サイト情報

英語教材ランキング